トップ / 実際にカウンセリングに行ってみる

男性もボディメイクをする時代

実際にカウンセリングに行ってみる

実際に脂肪吸引に行ってみる

ダイエットをしても、トレーニングをしても、私の気になっている胸の脂肪は取れませんでした。

むしろ中途半端なトレーニングをしてしまうと余計に胸のふくらみがましてしまい、今よりももっと恥をかいてしまう恐れがあることを知り、現実問題として脂肪吸引を検討しました。

調べてみると、ベイザーという脂肪吸引法があることを知りました。

ちょっと怖いし勇気がいることなので色々と念入りに脂肪吸引を調べて検討したのですが、ベイザー法が脂肪吸引の中でも一番体に負担の少ない脂肪吸引でした。

ベイザー法とは新しい脂肪吸引法です。ベイザー法と従来の脂肪吸引法を比較してみると次のような違いがあります。

・従来型の脂肪吸引
刃のついた吸引管で脂肪を吸引していく方法です。皮膚組織の脂肪を移動しながら吸引していくので、脂肪以外の皮膚組織に機械的なダメージを与えてしまいます。

内出血や知覚鈍化などのダメージが体に残ってしまったり、術後もしばらくの間は痛みで体の自由が効かない可能性があるのが、従来の脂肪吸引方法でした。

・ベイザー法
ベイザー法は、脂肪を吸引したい箇所の最も目立たない箇所のシワなどに沿って吸引管が通るくらいの微量の傷口を作ります。そこから吸引管を入れていき脂肪をとるのですが、そこからが従来の脂肪吸引とは違ってきます。

特殊な吸引管からベイザー波という振動のエネルギーを体内で発生させ、皮膚組織と脂肪を遊離し、刃のない吸引管で脂肪を吸引していきます。脂肪以外の組織のダメージを最小限に抑えるため、ベイザー法はとても安全な脂肪吸引法なのです。

このように、従来の脂肪吸引よりもベイザー法を用いた脂肪吸引は安全で痛みもほとんど感じない脂肪吸引なので安心です。

・実際にカウンセリングを受けてみた
実際にベイザー法を受けるにあたって、カウンセリングを受けてみると、ベイザー法を施術するときにその人の状態は脂肪吸引に向いているのか?

どのような範囲で行っていくのか?脂肪吸引の優先順位は?改善したあとの全身のバランスは?年齢による吸引箇所の変化は?などをカウンセリングされました。

これらの点を総合的に判断してくれ、体のバランスや年齢による将来的なバランスまでも考慮に入れてくれているのには驚きでした。

また、施術日程も仕事に合わせた日程を組んでくれたり、予算にも無理のない提案をしてもらい個人的な事情まで考慮に入れていただきました。

結局、私の場合は胸の脂肪が気になるので、胸板を残しながら脂肪を吸引してもらうことにしました。